上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー(Peru)アマゾン河(アマゾン川)の入口 イキトス(Iquitos)より 松坂氏率いるツアー隊の方と一緒にアピスト採集!!

ペルー(Peru)アマゾン河(アマゾン川)の入口 イキトス(Iquitos)より
松坂氏率いるツアー隊の方と一緒にアピスト採集!!


イキトス近郊の某支流の支流の支流(つまり、ケブラーダ(小さな川))で、
アピスト採集です。
(網で岸辺の落ち葉堆積地帯をガサゴソすると、アピスト他、色んな魚採れます。)

やっぱり、現地で採れたての魚の体色は、何物にも代えられません。
特に、自分で採集した魚でしたら、尚更でしょう!

(採集に夢中で、魚の接写ないですが、
 こんな感じの現場で、こんな感じで採集するんだと、見て頂ければと思います。
 そして、少しでもアマゾンを身近に感じて下さい。
 んで、アマゾンへ遊びに来て下さい!!!


因みに、Facebookでは、このブログとは違った趣向の写真も載せてます。
(登録名 Tsuchiya Hiroyuki(土屋 広行))

各種問い合わせは、ブログ:コメント&メッセージ
または、メール hiroyuki.t1127@gmail.com までお願いします。
※返信先を、必ず明記下さい。


●採集現場をバックに、採集魚と共に!
 (私は超ラフな格好ですが、ここ行くには、長袖 長ズボン 長靴の装備必須。)



●母船から持参したカヌーに乗り換え更に奥へ奥へと入ります。
 川底浅く流木多い所では、櫂を漕ぎ&川に入り自力で船運びます

IMGP1297.jpg
IMGP1336.jpg

●こんな感じの開けた川岸でも落ち葉が堆積していれば、アピストいる可能性大です。
IMGP1344.jpg

●採集の後は、本流で水浴びして汗流します!これが、最高に気持ちいいのです!
1291354_239268292890546_1131927511_n.jpg

★松坂實のアマゾン大全https://www.amazon-taizen.com/
★アマゾンの自然を愛する人へhttp://plaza.rakuten.co.jp/mikenamazu/diary/201105220003/



テーマ : 海外ビジネス
ジャンル : 海外情報

ペルー(Peru)アマゾン河(アマゾン川)の入口 イキトス(Iquitos)より アマゾンでの船旅!

ペルー(Peru)アマゾン河(アマゾン川)の入口 イキトス(Iquitos)より 
アマゾンでの船旅!


イキトス発のアマゾンを行き交う庶民の交通のキモである大型船の様子を紹介です。
ペルー国内は勿論、コロンビア・ブラジル・ペルーの3国国境へも行きます。

船内では、とにかく、飲む・食う・寝る以外は、

好きな本読むのも良し。
物思いに耽るのも良し。
ビール飲みまくるのも良し。
ハンモックで惰眠を貪るのも良し。
(※ハンモックは、持参してなくとも、売り子が沢山来ます。)

目的地に着くまでは、『とにかくノンビリ!』です!!!

私は、以下の写真の様な船で、イキトス→ロレト県とサンマルティン県の境までで、
最長6泊7日です。

天気(特に乾季と雨季の差)や、乗客の数、荷物の量、で船の発着時間が
かなり前後し、最後の方は、暇を持て余すかもしれませんが、
そんな時は、
乗り合わせた現地の人と、世間話(つたないスペイン語ですが。。。)で、時間つぶす。

とにかく、アマゾンへ来たら、一度は、乗ってみる事おススメです。
※但し、港は、完全にカオス状態なので、要注意!!!
※VIP観光客向けの高級船では無く、大衆用の大型船の方が、絶対に楽しいです。

因みに、Facebookでは、このブログとは違った趣向の写真も載せてます。
(登録名 Tsuchiya Hiroyuki(土屋 広行))

各種問い合わせは、ブログ:コメント&メッセージ
または、メール hiroyuki.t1127@gmail.com までお願いします。
※返信先を、必ず明記下さい。


●こんな感じの大型船が、港には沢山停まってます。
 (荷物運びの港湾労働者いますが、港は、泥棒多発地帯なので、
   大事な荷物は、自分で運びます。)

Henry2_20130928123834be9.jpg
IMG_0993.jpg
IMG_0995.jpg

●トンデモナクいい加減な乗船の受付け&荷物預け場所。
  (99%、定刻通り出発しないし、到着しない。)

IMG_1000.jpg
IMG_1001.jpg

●船内の個室の様子。
  (貴重品管理の為に、ツアーガイドの際には、個室取りますが、
 ハンモック乗船の人の5倍以上高いです。)

IMG_1012.jpg
Henry3_20130928123823fc5.jpg
IMG_1239.jpg

●ハンモックは空いてるスペースに自由に吊ります。
 (風通しのいい場所は、早いもの勝ちなので、
   シュパツ時間の2~3時間前には、船に乗り込むのがベスト。)

P9158415.jpg
P9128326.jpg

●船には、乗客以外に、大量の物資も積んでます。
 (積み荷が集まらないと、出航しない。)

CIMG1860.jpg

●航行中に、頻繁にアマゾン河(アマゾン川)に点在する村に立ち寄ります。
 飲み物買ったり、軽食買ったり(※大概の船は、食堂付き)、乗客拾ったり、
 大体1~3時間停止します。

CIMG1840.jpg

●現地のオヤジと、世間話中。
IMG_1423.jpg

●船首でノンビリと佇む。
IMG_1962.jpg

★松坂實のアマゾン大全https://www.amazon-taizen.com/
★アマゾンの自然を愛する人へhttp://plaza.rakuten.co.jp/mikenamazu/diary/201105220003/



テーマ : 海外ビジネス
ジャンル : 海外情報

ペルー(Peru)アマゾン河(アマゾン川)の入口、イキトス(Iquitos)より、9月末日本着の冷凍ピラニア採集etc!

ペルー(Peru)アマゾン河(アマゾン川)の入口、イキトス(Iquitos)より、
9月末日本着の輸出冷凍ピラニア(食材)!

今年3回目の輸出冷凍ピラニア(食材)です。
食べ方色々、唐揚げ・素揚げ・スープetc

アマゾンの食材食べて見たい方は、
少しでも興味あれば、ご一報下さい。

追って、詳細をご返事します。


因みに、Facebookでは、このブログとは違った趣向の写真も載せてます。
(登録名 Tsuchiya Hiroyuki(土屋 広行))

各種問い合わせは、ブログ:コメント&メッセージ
または、メール hiroyuki.t1127@gmail.com までお願いします。
※返信先を、必ず明記下さい。


●釣り上げたピラニア①!
P9138376_20130922113842996.jpg

●釣り上げたピラニア②!
P9138350.jpg

●釣り上げたピラニアを、その場で、内臓・鱗・鰓取りします!
CIMG2145_201309221140350b7.jpg

●集積場に持って行って、
 ヌメリ・臭み取りの為に、塩&アマゾンレモンと水でよく洗い、計量して、
 大型冷蔵庫で急冷!

CIMG2129.jpg

●輸出の際は、こんな感じです。(カチコチに冷凍庫で凍らせたものを輸出します。)


★松坂實のアマゾン大全https://www.amazon-taizen.com/
★アマゾンの自然を愛する人へhttp://plaza.rakuten.co.jp/mikenamazu/diary/201105220003/



テーマ : 海外ビジネス
ジャンル : 海外情報

Mucho gusto!
アマゾンへの旅をお考えの方へ

南米へようこそ!(ペルーアマゾンの入り口イキトスの空港にて!)

人気Blogランキング ラテンアメリカ
Please Click Here!
人気ブログランキングへ
Total count:2011/09/07~
Now count
現在の閲覧者数:
MicroAd
Amazon info
カテゴリ
¡¡¡相互リンク(リンクフリーです!※確認メールは任意です!)!!!
リンクフリーです!(南米&アマゾン好きな人どんどん広めましょう!)
ユーザータグ

アマゾン河 イキトス ペルー アマゾン川 ジャングル ツーリスト ツアー ガイド Corydoras アナコンダ コリドラス 

リンク
ご意見・ご感想はこちらから
大河アマゾン川・熱帯魚・ラテンアメリカ・旅・アウトドアなどが好きな人! 是非とも一度アマゾン来て下さい! 協力は惜しみません!

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
最新記事
World watch!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。